和装?洋装?挙式スタイルを考える

洋装挙式のメリット・デメリット

洋装でのウェディングは、和装よりもコストが安くなることが多いです。ドレスは色や種類も多く、体形や季節に合わせてデザインを選ぶことができます。チャペルでの挙式は親族以外のゲストも参加できるのがメリットです。またお色直しにかかる時間が比較的短くできるので、着替えている間ゲストを長時間待たせません。チャペルでの挙式は厳かでありながら、アットホームな雰囲気を作ることもできます。新婦の母が新婦がウエディングベールをかけたり、父親とバージンロードを歩いたりなど家族とのセレモニーが多く思い出に残りやすいのもポイントです。

洋装で挙式を行うカップルが多いため、何度も見ていて新鮮味を感じないというゲストもいるのがデメリットです。

和装挙式のメリット・デメリット

和装での挙式は一般的に神社で執り行われる神前式であり、昔ながらの伝統的なスタイルです。神聖な雰囲気の中で静かに挙式をすることができます。挙式を行う神社は、その後もお宮参りや七五三といった行事を行うことができるため家族との思い出を深めることが可能です。まためったに着用できない白無垢や色打掛けなどの日本ならではの衣装を着ることができます。日本人らしい挙式ができるので和装も根強い人気です。注意点としては、かつらやかんざしなどアクセサリー類が多いためドレスよりもコストがかかることがあります。和装の際のお色直しは時間がかかるため、ゲストを退屈させないためにも式の進行などに工夫が必要です。

和装から洋装へのお色直しは特に時間がかかるため、和装に洋風のヘアアレンジを合わせる人も増えています。

結婚式を格安で行うためには下調べが必要です。インターネットで結婚関連の情報を検索すると、格安プランが見つかります。